2014年06月03日

介護職員初任者研修にキャリア形成促進助成金を利用しましょう!

キャリア形成促進助成金という雇用に関する助成金があります。

雇用する労働者に対して職業訓練などを計画に沿って実施した場合に
訓練経費や訓練期間中の賃金の一部を助成する制度です。
対象となるのは、中手企業事業主です。中小企業かどうかは、資本金や出資額の総額、
常時雇用する労働者の数で決まります。

訓練内容によってコースが異なり、9コースあります。
政策課題対応型訓練のなかに
1 成長分野等人材育成コース(健康・環境などの成長分野/介護や保育など)
2 グローバル人材育成コース
3 育休中・復職後等能力アップコース
4 若年人材育成コース(採用後5年以内で、35歳未満の労働者)
5 熟練技能育成・承継コース
6 認定実習併用職業訓練コース(厚労大臣の認定を受けたOJT付き訓練)
7 自発的職業能力開発コース(労働者の自発的な訓練)
このほか一般型訓練、団体等実施型訓練があります。

訓練は原則OFFJT(通常の業務を離れて行う訓練)で1コース20時間以上
事前に訓練計画を提出し、訓練後2か月以内に申請します。

賃金助成は1時間当たり、政策課題対応型で800円、(一般型は400円団体はなし)
経費助成は政策課題・団体は2分の1、一般は3分の1

成長分野には、医療・介護・保育・情報通信・建設、製造の一部が含まれます
介護事業所であれば、介護職員初任者研修を訓練の対象とすることができます。

従業員の能力アップを目指す事業主の方、やる気のある従業員を雇用されている事業主の方
ぜひ、キャリア形成促進助成金を活用されてみてはいかがでしょうか?
非正規雇用の従業員を対象とした、キャリアアップ助成金もありますよ!

ただし!
労働保険料を払ってなかったり、要件を満たしているのに社会保険に加入していなかったり
労基法に違反している授業主には支給されませんので、ご注意ください。
残業代を払わないのは違法ですよ~
事業主都合の休業には6割の休業手当を支払う必要がありますよ~
一方的な労働条件の低下は契約違反ですよ~
働く人みんなが黙っているわけでもなければ、何も知らないわけじゃないですよ
posted by みょうみょう at 11:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。