2014年04月08日

被扶養者じゃなくなったら届出をちゃんと提出しましょう!

お子さんが就職して、会社から健康保険証をもらっている
ご主人が退職して国民健康保険になった
奥さんがバリバリ働きだして、社会保険に加入することになった
(勤務先から健康保険証をもらっている)……
こういう場合、自分の扶養に入れていた人は
「健康保険被扶養者(異動)届」を
提出しなければいけません。
お勤めの方は、会社に申し出て手続きをしてもらって下さい。
退職してお勤めされていない方は、年金事務所に問い合わせて下さい。
毎年届け出を忘れている方が多いそうです。
実際には扶養じゃないのに、被扶養者としてカウントされ
全体の保険料が高くなってしまいます。
自分の扶養になっているからといって、
自分が子供や奥さんの保険料を払っているんじゃないんですよ!
被保険者みんなで払っているんですよ!
協会けんぽは財政が苦しいのです。やりくりに疲れた…
勝手に民間の保険に入ってくれ…ってなったらいやじゃないですか!
60歳未満の方で、国民年金第3号被保険者の方は
ご主人(もちろん、奥さんの場合もあります)が2号じゃなくなったら
3号ではありませんので!
1号としてちゃんと保険料払ってくださいよ!
3号というのは2号あってのものですから…
バリバリ働いて2号でいくっていうのもいいんですよ!

なんだかんだ言って、届け出って
面倒くさいですね。
マイナンバー制でこういうのが簡略化されるんでしょうかね。

「被扶養者資格の再確認」が事業主に対して行われます
posted by みょうみょう at 11:44| Comment(0) | 健康保険 | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

産休中の社会保険料も免除となります!

国の次世代育成支援の施策により
平成26年4月から、育児休業期間と同じように産前産後休業期間中の健康保険料と厚生年金保険料(被保険者分及び事業主分とも)
の免除などを受けることができます。

保険料の免除については
平成26年4月30日以降に産前産後休業が終了となる方
(平成26年4月分以降の保険料)が対象となり
事業主様が日本年金機構(年金事務所)に
「産前産後休業取得者申出書」を提出する必要があります。

手続き等詳しくは、日本年金機構のホームページをご覧いただくか
お近くの年金事務所へお問い合わせください。

協会けんぽ富山支部メールマガジンより
posted by みょうみょう at 13:55| Comment(0) | 健康保険 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。