2014年03月10日

従業員の自動車事故には使用者責任が問われます!

自動車も自転車も対人事故となった場合
業務中であれば、事故を起こした労働者だけではなく
事業主にも責任が問われます
(通勤中であっても、使用者責任を問われるケースがあります)
ショートステイやデイサービスの送迎などがある事業所は
安全運転の講習を開催してみてはどうでしょうか。
送迎車に責任者が同乗し、
運転手の運転のくせや注意力を確認する
のもひとつの方法です。
利用者を安全に送迎するため、次の項目をチェックしてみてください

1 発進時に車椅子の固定を確認しているか。過大な振動を与えていないか。
2 走行中の安全確認は適切か。
3 バックでの敷地内進入はスムーズか。縁石等への注意は行き届いているか。
4 ブレーキ、加速等運転の変化があった場合、利用者への声掛けができているか。

人を乗せての運転は、最初こそ緊張しますが
慣れると気が緩むものです。
送迎者の事故による利用者の死亡という最悪の事態を
絶対に引き起こさないよう気をつけましょう!

(シルバー産業新聞3月号 社労士知っ得情報より)
posted by みょうみょう at 14:48| Comment(0) | 介護事業 | 更新情報をチェックする

ボランティアコーディネーターいますか?

東日本大震災では、ボランティアをしたい人が大勢現地に押しかけたはいいが
調整する人がいなくて
善意は空回りし、無駄になり
助けを求めている人たちには
助けが届かず…
といった残念なことになっていたようです。
突然の災害だったからというだけではなく
日常的に起きていることだと思います。
職を求める人と労働者を求める会社を
仲介する職業紹介、
商品が欲しい人と商品を売りたい人を
仲介する様々な業者のように
ボランティアをしたい人とボランティアを
求める人をつなげる
ボランティアコーディネーターなるものが
もっとあれば(あるんでしょうけど、少ないのだと思います)
いいと思います。
「ボランティアをしたい!」と
思っている人はいっぱいいるはず。
でも、勇気を出してコンタクトを取ってみても
受け入れ側の体制がなっていなくて
バタバタしてたり、かえって迷惑がられたり
あるいはどこにどう連絡したらいいかもわからなかったり…
日常的にボランティアの手を借りたいと思っている
事業所などはコーディネーターを配置し
受け入れ態勢をしっかり作ってウェルカムな雰囲気を作ると
いいと思います。
介護の情報誌ブリコラージュ3月号は紙芝居特集でしたが
そのなかで、親が入所する特養ホームで紙芝居を続けている
女性が紹介されていました。施設にはボランティアコーディネーターが
いて、ボランティアの募集、登録、調整をしてくれるため
多くの人の助けが得られるので、長く続けられるとのことです。
ぜひご検討を!
posted by みょうみょう at 14:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

産休中の社会保険料も免除となります!

国の次世代育成支援の施策により
平成26年4月から、育児休業期間と同じように産前産後休業期間中の健康保険料と厚生年金保険料(被保険者分及び事業主分とも)
の免除などを受けることができます。

保険料の免除については
平成26年4月30日以降に産前産後休業が終了となる方
(平成26年4月分以降の保険料)が対象となり
事業主様が日本年金機構(年金事務所)に
「産前産後休業取得者申出書」を提出する必要があります。

手続き等詳しくは、日本年金機構のホームページをご覧いただくか
お近くの年金事務所へお問い合わせください。

協会けんぽ富山支部メールマガジンより
posted by みょうみょう at 13:55| Comment(0) | 健康保険 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。